株式の入門、どんなメリットがある?

株式投資をこれから始める入門者という方にとって、とても魅力的なことは、やはりリターンが大きいということですよね。

株式投資によって入門者が得られるメリットには、大きく分けると4つがあります。

まずは、いわゆる値上がり益です。

これは、購入した銘柄の株が、購入した金額よりも高値になった時に売却することで、その差額を得るというものです。

キャピタルゲインとも呼ばれています。

株式投資というと、やはりこの値上がり益が最も魅力的ですよね。

続いてのメリットは、配当金です。

配当金は、企業が得た利益のうち一定の割合の額を、株主に対して分配するというものです。

値上がり益がキャピタルゲインと呼ばれるのに対し、配当金はインカムゲインと呼ばれます。

配当金は、企業によって配当額の割合は違いますし、同じ企業でもずっと一定ということはありません。

続いて、株主優待があります。

例えば、食品会社の株主になっていると割引券や食品券をもらえたり、航空会社の株主になっていると割安で飛行機に乗れたりするという特典があります。

これが株主優待です。

今、株主優待は非常に多彩で魅力的になっていて、注目をされるポイントになってきています。

最後に、株式分割があります。

株式分割は、すでに発行されている株を2つ、3つと分割することで、これによって株価が下がることになります。

しかし持っている株数は2倍、3倍になるので、配当金が増したり、売買しやすくなったりするというメリットが生まれるのです。

This entry was posted in 株式のメリット. Bookmark the permalink.