株取引の入門、デメリットは?

株取引は入門者という方が、今の段階でまず知っておいてほしいこととして、株取引にはデメリットが存在するということがあります。

株式投資はあくまでも投資ですから、必ずしも投資したお金が増えて返ってくるとは限りません。

減額してしまう可能性も、大いにあるのです。

つまり、株式投資は比較的リスクが大きい投資と言えるのです。

株は、購入した銘柄の株価が、この先上がるか下がるかの予想をつけて、上がると思ったところに投資をするというものです。

ですから、自分の予想に反して下がってしまう可能性もあります。

その時の社会情勢や経済情勢などが影響して、思わぬ市場の動きを表すこともあります。

それは決して市場や企業のせいではなく、その銘柄を選んで購入した自分の責任です。

そのため、もし株式投資で損をしたとしても、自己責任で行っているということを忘れてはなりません。

また、配当も必ずしも安定しているというわけではありません。

企業の業績や方針によっては、配当がなかったり配当が少なくなったりすることもあります。

最悪の場合は、企業の倒産です。

株を持っている企業が倒産すると、その保有している株式の価値はゼロになり、紙屑と同じものになります。

いくら投資をしてあったとしても、戻ってくるお金は一切ありません。

つまり、株式投資というのは、いわゆるハイリスク・ハイリターンと呼ばれる投資の1つであり、リスクコントロールができない入門者のうちは、あまり無茶な投資をしないようにする必要があるということです。

This entry was posted in 株式のデメリット. Bookmark the permalink.