株取引の入門者におすすめの分析法は?

株取引を始めると、株式市場の動向が気になり始め、どうしたら市場の動きを読めるのか知りたくなってくるものです。

それを分析していくと、どんどん市場の動きがより深く読めるようになってきます。

でも、入門者にとっては分析なんてとても難しそうに思えますよね。

そこで、入門者の方におすすめの分析法というものがあるので、紹介したいと思います。

株の入門者におすすめの分析法は、株取引をしている方のほとんどがしたことがある、基本中の基本の分析法である、ローソク足と呼ばれる方法です。

ローソク足は、白と黒の二色の色と、上ひげ、下ひげと呼ばれるぴょんと飛び出している線によって、始値と終値、高値と安値を表している図になります。

白色が陽線と言って値上がりして相場を終えたことを表しており、黒色が反対に陰線と呼んで値下がりして相場を終えたことを表しています。

このローソク足にはいくつかのパターンがあって、株価が上昇や下落という動きはあったものの売り圧力や買い圧力がかかっているというパターンや、売りも買いも均衡していて今後の値の動きが迷っている状態のパターン、買いや売りの勢いが強く大きな値動きが合ったパターンというものなどがあります。

これらのパターンを覚えることで、株価の天井や底入れがわかるようになり、徐々に銘柄ごとの癖を読み込めるようになってきます。

すると、売り時、買い時が見極められるようになってくるのです。

過去のチャートを見たりしながら研究すると、徐々にわかってくるでしょう。

《《参考記事:チャートに強くなろう「ローソク足ってなに?」》》

This entry was posted in 分析法. Bookmark the permalink.